PHILOART

PHILOART 
 
 

    蜜香屋

    いちばんここに似合う人

    『浴室』ジャン=フィリップ・トゥーサン(集英社)

    『わたしを離さないで』カズオ・イシグロ(早川書房)

    『硝子戸の中』夏目 漱石(新潮社)

    『ディア・ライフ』アリス・マンロー(新潮社)

    朗読者

    遺失物管理所

    風の歌を聴け

    『グレート・ギャツビー』スコット・フィッツジェラルド(中央公論新社)

    『つめたいよるに』江國 香織(新潮社)

    『海と毒薬』遠藤 周作(新潮社)

    『グッド・バイ』太宰 治(角川書店)

    『星々の悲しみ』宮本 輝(文藝春秋)

    『僕はマゼランと旅した』スチュアート・ダイベック(白水社)

    『孤独な散歩者の夢想』ジャン・ジャック・ルソー(岩波書店)

    『花粉の部屋』ゾエ・イェニー(新潮社)

    『ハツカネズミと人間』ジョン・スタインベック(新潮社)

    『冥途・旅順入城式』内田 百閒(岩波社)

    『大いなる不満』セス・フリード(新潮社)

    『箱男』安部 公房(新潮社)

    『外套』ゴーゴリ(新潮社)

    『石のハート』レナーテ・ドレスタイン(新潮社)

    最後の場所で

    シェル・コレクター

    『悲しみよ こんにちは』フランソワーズ・サガン(新潮社)

    『お菓子とビール』サマセット・モーム(岩波書店)



 
 
 

Site Search



 
 
 




スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください