とりまぶし


スポンサーリンク
スポンサーリンク




1497832/358visitors



とりまぶし



 
 
 
 今回は福岡の中洲川端駅周辺にある「とりまぶし」さんにお邪魔してきました^^


 福岡に旅行に来たというのに郷土料理らしいものを食べておらず、慌てて福岡郷土料理「水炊き」のお店を検索!


 するとこちらのお店が水炊きに加えて、「とりまぶし」なるものも食べることができるとのこと。


 「水炊き」が食べられることに加えて、名前からして独創性が光る「とりまぶし」が気になり即座に予約(笑)


 お店の外観はこの日のあまりの暑さに撮るのを失念(笑)


 ただ、内装は
 

お店のオープンは2015年と新しいものにも関わらず老舗感すら漂っていました。

 
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
 
 
 今回、注文させていただいたのは「水炊き」と「とりまぶし」のセット。


 だったのですが、

 
できるまでにしばらくの時間がかかるということだったので、その前に一品を注文(笑)


 新鮮な鶏を使っているのがその弾力からも分かり、期待も高まります。


 その後に、しばらくして到着したのがこちらの


水炊き…

 これは写真ではなかなか伝わりにくい美味しさ(笑)

 煮込むことで鶏そのものだけでは決して出すことができないまろやさが加わり、噛むごとにプルプルな食感と濃厚なスープが口の中に広がります^^


 ちなみにこちらのお店では「水炊き」を自家製橙ポン酢で頂くのですが、これがかなり酸味がきいていてまろやかなスープとのコントラストがくせになります!


 そして、締めに運ばれて来たのが


こちらのとりまぶし!


 絶妙な加減に炙られた皮は香ばしさで食欲をそそり、食感は表面がパリパリ、そして噛むごとに鳥独特の脂が口の中にジュワッと広がります^^


 また、このとりまぶし、ひつまぶしのように複数回に分けて頂きます。


 一杯目はそのまま頂き、二杯目は「水炊き」のスープをかけて。


 するとスープがつゆのようになって、皮の香ばしさを溶け込ませ、丼を一つにまとめあげてくれます。


 そして3杯目以降は薬味と一緒にポン酢も混ぜながら頂くと、加わった酸味が鳥の皮の香ばしさを引き立て、また違った味を楽しませてくれます^^


 「水炊き」に加えて、この美味しい「とりまぶし」も頂けるこちらのお店、福岡に訪れた際には是非訪れていただきたいお店です!




スポンサーリンク
スポンサーリンク



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへ 食べログ グルメブログランキング

↑↑↑こちらからも↑↑↑



Daily Ranking

    ル・ヌー・パピヨン

    ル・ヌー・パピヨン

    接続詞asの用法 - 時、理由、比例、様態、譲歩

    接続詞asの用法 – 時、理由、比例、様態、譲歩

まだデータがありません。



→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



→SITEMAP←



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です