地鶏らーめん早川


スポンサーリンク
スポンサーリンク

地鶏らーめん早川 
 
 



 
 
 
 今回は福岡の高宮駅周辺にある「地鶏らーめん早川」さんにお邪魔してきました^^


 朝の8時に福岡空港に降り立って、ほぼ直行でこちらのお店へ。


 というのも、こちらのお店、ラーメン激戦地である福岡で2018年7月現在、某グルメサイトで一位を獲得しているお店!


 かなり混むかもしれないなと思って、


朝一番からこちらのお店にうかがう算段を立てて、旅行を計画(笑)

 
スポンサーリンク

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9171608277714345"
data-ad-slot="5526742478">


スポンサーリンク


 
 結局平日の朝だったこともあって、ほとんど並ばずに入店できました(笑)


 店内はカウンター席4席にテーブル席8席、店内にはすでに美味しそうなスープの匂いが漂っています。


 ただ、「福岡と言えばラーメンは豚骨!」という固定観念のある中、このお店は豚骨スープではありません。


 このお店はまさかの醤油系の地鶏スープ!
 
 
 豚骨が圧倒的に強いであろうこの地域でどんな味が地域1位を取っているのか、匂いもあいまって待っている時からわくわくです^^


 そして、出てきたのがこちら

 
地鶏醤油らーめん、味玉が付いて820円!


 目の前に出てくるまで疑っていましたが、見紛うことなき醤油ラーメン(笑)


 最初に一口スープを運んだら、醤油のふんわりとしつつ少し苦味を含んだ味に、後から鳥の甘さがおってきます!


 醤油は森田醤油と福岡県糸島の純もろみ生揚げ醤油のブレンド、スープははかた地どりが使われているそう。


 麺は京都の製麺所「麺屋棣鄂」のものだそうで、いやさすがとしか言いようがなく、スープの甘さと見事に結びついています。


 そして、すするのに加えて、このスープと麺を十分に堪能しようと思ったら、れんげを使ってスープと一緒に麺を口に運んでみてください!


 麺から出てくる甘さが、スープの甘みだけではなく苦味とも一緒になって、また違った味を楽しむことができます^^


 また、チャーシューも鶏で低温調理の胸レア、柚子胡椒が効いていてこちらはこのラーメンのアクセントにはまさしくピッタリ!


 加えてこちらのお店、色々な方のレビューを見ていてもつけ麺もかなり美味しいよう。


 さすがに2杯いただくことができなかったのが惜しいですが、事前に写真だけ見て

「つけ汁が透明?うっすそう…」

と思っていた透明のつけ汁も、このスープを飲み終わった後はかなり魅力的に見えました(笑)


 また、今回は頂けませんでしたが、少し変わったトッピングで三つ葉もここのお店はかなりお勧めだそう。


 是非もう一度伺って、今度は三つ葉がふんだんに入ったつけ麺を食べてみたいと思います!^^
 
 
 



スポンサーリンク
スポンサーリンク



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへ 食べログ グルメブログランキング

↑↑↑こちらからも↑↑↑



Daily Ranking

    弥七

    弥七

    目的語に不定詞をとる動詞、動名詞をとる動詞

    目的語に不定詞をとる動詞、動名詞をとる動詞

    『ハツカネズミと人間』ジョン・スタインベック(新潮社)

    『ハツカネズミと人間』ジョン・スタインベック(新潮社)



→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



→SITEMAP←



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です