【語幹  】-fect-


スポンサーリンク
スポンサーリンク

【語幹  】-fect- 
 
 
 ここでは、語幹「-fect-」の確認を行っていきます。


 この語幹は「作る、為す、作用する」の意味がありますが、

fac,fact,facul,facil,feat,fect,feit,fic,ficu,fict,fici,fig,fit,fy

と形を変えて出てきます。


 fectという形で出てきているものとしては、affectとdefectがよく出てくるものでしょうか。


スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-9171608277714345"
data-ad-slot="1702716429">

スポンサーリンク



 affect 〜は動詞で「〜に影響を与える」の意味がありますが〔af + fect〕で〔〜の方へ + 作り出すこと〕からこの意味に。


 defectは名詞で「欠陥」ですが、de-は「〜から抜け落ちて」の意味があり、「作り出されたもの」「から抜け落ちて」でこの意味でしょうか。


 infect 〜は「〜に感染させる」の意味ですが、「(体の)中に」「作り出すこと」でこの意味。


 prefectは、pre-「(人)前で」-fect-「作り出す(人)」というところから、「指示する人」で「監督生」や「(フランスやイギリスの)知事」の意味もあります。


 また、perfect「完全な」はper-「すっかり」が-fect-について「すっかり」「作り出すこと」で「完全な」の意味。


 ちなみに、日本のパフェとは少々違いますが、そのもととなっているフランス語のparfait「パルフェ」は、かき「混ぜない状態で完全なアイス」というところから来ているそう。


 閑話休題。


 形を変えてもfictionは「作り話」ですし、facileはfacに接尾辞-ile「〜しやすい」がついて「作り出しやすい」から「簡単な」、face「顔」も「心を映し出す、作り出すもの」からきているようです。



↓語幹fac,fact,facul,facil,feat,fect,feit,fic,ficu,fict,fici,figを用いた語↓
affair「出来事」
defect「欠陥」
face「顔」
facsimile「ファクシミリ」
facility「設備」
fact「事実」
faction「派閥」
factory「工場」
fashion「流行」
feat「偉業」
fiction「作り話」
figure「形」
profit「利益」
prefect「監督生」

affect「影響を与える」
confect「菓子を作る」
infect「感染させる」
manufacture「製造する」
satisfy「満足させる」
unify「統一する」

efficient「有能な」
factitious「作為的な」
feasible「実行できる」
perfect「完全な」
 
 
 



スポンサーリンク
スポンサーリンク



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへ 食べログ グルメブログランキング

↑↑↑こちらからも↑↑↑



Daily Ranking

    yobareya

    yobareya

    不定詞形容詞的用法と分詞の違い

    不定詞形容詞的用法と分詞の違い

    『いちばんここに似合う人』ミランダ・ジュライ

    『いちばんここに似合う人』ミランダ・ジュライ



→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



→SITEMAP←



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です