『花粉の部屋』ゾエ・イェニー(新潮社)


Sponsored Link
Sponsered Link

『花粉の部屋』ゾエ・イェニー(新潮社)
ブログにサイドバーが表示されていない場合はページ下部に設置されている「Mobile Theme」で切り替えを行ってみて下さい(^^)

このブログのサイトマップへはこちらから

他の読んだ本へはこちらから 



 





 
作品名:花粉の部屋
作者:ゾエ・イェニー
出版社:新潮社
内容(「BOOK」データベースより)
 幼い頃、父と母は離婚した。母は新しい恋人と海外へ。父もやがて再婚し…。娘をかえりみない子供のような親。抵抗のすべを知らない子供。世界を静かに覆しつつある新しい家族像を、自らの体験をもとに、柔らかな声で描いた、21世紀文学の幕開けを予感させる長篇。ドイツ語圏の文学賞を独占した23歳の新人の、繊細、果敢な話題作。



 若さに辟易としながら、かと言って年を取る事に寛容にもなれない。

 それは自分がどのように世界を見ているのかと同じ位、世界がどのように世界を見せてきたのかという事と繋がっているのかもしれない。


 

 

→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です