シェル・コレクター



 







シェル・コレクター | PHILOZOE


 
作品名:シェル・コレクター
作者:アンソニー・ドーア
訳者:岩本 正恵
出版社:新潮社
内容(「BOOK」データベースより)
 静かで温かい、生きる力に満ちた小説が傍らにある幸福――。
孤島でひとり貝を拾い、静かに暮らす盲目の老貝類学者。だが、迷い込んできた女性の病を偶然貝で治したために、人々が島に押し寄せて……。幻想的とも言える筆致で、自然による癒しと、孤独ではあっても希望と可能性に満ちた人間の生を鮮やかに切り取る珠玉の八篇。いまアメリカで最も期待されている新鋭による極上の短篇集。




 待つことで人は他者や自己とつながる可能性を生み、一方で待てずして手に入れたものにも気をふるう。


 待つということは他者を必要としながら自らと向き合うことで、それでいて理性を伴わない野性を感じさせてくれるものになりうるものなのかもしれない。


 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
 
 




スポンサーリンク
スポンサーリンク