『ハツカネズミと人間』ジョン・スタインベック(新潮社)



 







『ハツカネズミと人間』ジョン・スタインベック(新潮社)
ブログにサイドバーが表示されていない場合はページ下部に設置されている「Mobile Theme」で切り替えを行ってみて下さい(^^)

このブログのサイトマップへはこちらから

他の読んだ本へはこちらから 



 





作品名:ハツカネズミと人間
作者:ジョン・スタインベック
出版社:新潮社
内容(「BOOK」データベースより)
 一軒の小さな家と農場を持ち、土地のくれるいちばんいいものを食い、ウサギを飼って暮らす―からだも知恵も対照的なジョージとレニーという二人の渡り労働者の楽園への夢。カリフォルニアの農場を転々とする男たちの友情、たくましい生命力、そして過酷な現実に裏切られて起こる悲劇を、温かいヒューマニズムの眼差しで描く。戯曲の形式を小説に取り入れたスタインベックの出世作。



 何事も分かるものだと決めていけば分からない事は残らない。

 そうする事で本来分からないであろう事の不安から逃れ、また希望を希望として信じる事ができているのかもしれない。


 




スポンサーリンク
スポンサーリンク