最後の場所で



 





This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.



最後の場所で | PHILOZOE作品名:最後の場所で
作者:チャンネ・リー
出版社:新潮社
内容(「BOOK」データベースより)
 礼節ある「日系アメリカ人」の封印された過去―。PEN/ヘミングウェイ賞受賞で鮮烈なデビューを飾った気鋭のコリアン・アメリカン作家による最新長篇。
 
 



 


 失ってしまったものを再び得ようとすることで伴う痛みがあるかもしれない。

 しかし、その痛みを受け容れた上での行為にであれば、自らもその行為に形以上の意味を見出だすことができるようになるのではないだろうか。

 
 
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
 
 
 
 
【栞の軌跡】
 
 今回訪問させていただいたのは京都の四条にある「カフェ セルジュ」さん。


 前を通りかかった女性たちが

「綺麗なお店、入ってみよう」

と言っているのが入りぎわ後ろから聞こえてくるほど、目をひくお店が多い中でも一際お洒落なお店です。


 お店の中は、落ち着いた色調で整えられていますが、


お店前面の窓から入ってくる太陽の光がお店全体に明るい印象を与えてくれており、開放感もあります。


 そして、今回のお目当てがこちらのフルーツサンド


生クリームだけのサンドのように見えますが、このクリーム、カスタードのような味が付いていて、それがパンの甘みを引き出します。

 中のフルーツはほのかな酸味が味にアクセントを加えます。


 店主の方のお店の中ではくつろいで欲しいという思いが伝わってくるお店で、せかせかした雰囲気は全くなく落ち着いて店内では時間を過ごすことができました。




スポンサーリンク
スポンサーリンク