『最後の場所で』チャンネリー(新潮社)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

『最後の場所で』チャンネリー(新潮社)
ブログにサイドバーが表示されていない場合はページ下部に設置されている「Mobile Theme」で切り替えを行ってみて下さい(^^)

このブログのサイトマップへはこちらから

他の読んだ本へはこちらから 



 



作品名:最後の場所で
作者:チャンネリー
出版社:新潮社
内容(「BOOK」データベースより)
 礼節ある「日系アメリカ人」の封印された過去―。PEN/ヘミングウェイ賞受賞で鮮烈なデビューを飾った気鋭のコリアン・アメリカン作家による最新長篇。



 失ってしまったものを再び得ようとすることで伴う痛みがあるかもしれない。

 しかし、その痛みを受け容れた上での行為にであれば、自らもその行為に形以上の意味を見出だすことができるようになるのではないだろうか。


 

↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへ 食べログ グルメブログランキング

↑↑↑こちらからも↑↑↑



Daily Ranking

    肉和食月火水木金土日

    肉和食月火水木金土日

    目的語に不定詞をとる動詞、動名詞をとる動詞

    目的語に不定詞をとる動詞、動名詞をとる動詞

    『箱男』安部 公房(新潮社)

    『箱男』安部 公房(新潮社)




スポンサーリンク
スポンサーリンク


→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



→SITEMAP←



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です