likeとsuch asの違い


スポンサーリンク
スポンサーリンク

likeとsuch asの違いここでは「〜のような」という意味で類似しているlikeとsuch asの違いを解説していきます。


likeとsuch asは相互に入れ替えても文法上成立する場合は多くあります。


ですが、例えば以下のような

「アキラはスティーブ・ジョブズのような偉大な人になりたい。」

という文を英文にするなら

Akira wants to be a great person like Steve Jobs.

となり、この場合such asは用いることができません。


ここでおさえておきたいのが、どちらも例示の意味がありますが

likeは「類似」のイメージを表し、such asは「内包」のイメージを表す

ということ。


such asを用いるとスティーブ・ジョブスが含まれますが、スティーブ・ジョブスになることはできませんから、この場合such asは用いることができません。


asは他の品詞の場合でも「同時」や「同等」の意味を表すことがあることから、ここでは「一致」程度の意味を表していると考えればsuch asがこのような働きをすることも納得できるでしょうか。


では、likeとsuch as両方が使われている英文を見てみましょう。


Tomoki reads novels such as Harry Potter and Twilight.



Tomoki reads novels like Harry Potter and Twilight.

の2文。


この場合、such asもlikeも例示を表しどちらでも文は成立しますが、相違点があります。


それはsuch asは例示したものが含まれるのに対し、likeでは例示したものが含まれないと受け取られることもあるということ。


実際にハリー・ポッターやトワイライトを読んでいるのなら、上の例文を用いるべきでしょう。


likeは副詞句を導くこともできますが、ここでは上記のように形容詞句の場合を説明しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です