【多義語 】just


スポンサーリンク
スポンサーリンク

【多義語 】justここでは、多品詞語justを大きく分けて、次の副詞と形容詞の2つの品詞と意味で確認していきます。
 

just
副詞
①「まさに」②「ほんの今」③「ただ」④「まったく」


形容詞
①「公正明大な」②「適正な」


スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-9171608277714345"
data-ad-slot="1702716429">

スポンサーリンク

 
 
英語学習初期に多くの人がまずこのjustの意味で覚えるのは副詞の「ほんの今」でしょう。


She has just come.
「彼女はほんの今来たところだ。」


また、justにはonlyのような意味もあります。


I’m just looking.


と言えば、買い物中に邪魔されたくないように使う「見ているだけです。」という意味になります。


では、次に形容詞の意味を確認してみましょう。


a just society


この場合、justは「公正明大な」の意味となり上記は「公平な社会」となります。


一見、この副詞と形容詞には何の繋がりもないように思われますが、2つには「基準に対して合致している」という共通性があります。


今という基準に対して合致して「ほんの今」、見ているという行動とずれがないというところから「ただ〜」、人々の基準に対して見合っているところから「公平な」の意味となります。


ちなみに、justlyという副詞の形もありこれは「正しく」や「当然に」の意味。


他にjusticeは「正義」、justify 〜は「〜を正当化する」の意味ですが、「正義」は人の基準に対して見合っているものですし、「〜を正当化する」は自分の基準に合わせるということですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です