【多義語 】subject


スポンサーリンク
スポンサーリンク

【多義語 】subjectここでは、多品詞語subjectを大きく分けて、次の2つの品詞と意味で確認していきます。
 

subject
名詞
①「教科」②「主題」③「国民」④「主語」⑤「被験者」


形容詞
①「(〜の)支配下にある」②「(〜を)受けやすい」③「(〜を)条件として」


スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-9171608277714345"
data-ad-slot="1702716429">

スポンサーリンク

 
 
英語学習初期に多くの人がまずこのsubjectの意味で覚えるのは「教科」「主題」でしょう。


そして、ここから名詞としてのみsubjectを認識してしまう方が増えてしまうのでしょうが、形容詞の働きがsubjectにはあります。


ただその意味が名詞の意味と幾分違って「支配下にある」となるので、そもそも語源が違うのではないかと考えてしまう人が多いようですが、どちらの意味もsubjectを分解してみると納得がいきます。


まず、subjectには接頭辞sub-が付いています。


この接頭辞を持った単語にはsubmarine「潜水艦」という単語がありますが、「海の下に潜るもの」が潜水艦であり、sub-には「〜の下に」の意味があります。


では-ject-はと言うと、プロジェクターという単語がありますが、こちらはprojectに-erが付いたもの。


pro-には「前に」の意味があり、プロジェクターは日本語にすると「投影機」ですね。


「映像を前に投げ出すもの」がプロジェクターで、-ject-には「〜を投げる」の意味があることが分かります。


これらを組み合わせてsubjectというのは「下に投げ出す」というイメージが出来上がります。


この分解した形から認識しやすいのは、名詞の「主題」の意味よりもむしろ形容詞の意味ではないでしょうか。


これを頭に入れておけば、例えば
The plan is subject to his approval.
という表現が出てきても、
「この計画は彼の承認が条件だ(彼の承認の支配下にある)。」
と意味を捉えることができるでしょう。


また、説明の都合上で上記しませんでしたが、subjectには動詞の働きもあって、「〜を服従させる」の意味があります。


これもまた単語の成り立ちを理解していると頭に入りやすいのではないでしょうか。


加えて、名詞の意味を確認してみても「被験者」や「国民」というのは「何らかの影響を受ける人」を指して使われる表現ですね。


ただ、一番最初にも書いた「主題」「教科」の意味の成り立ちがこの説明では説明しきれていないように感じられます。


しかし、「主題」というのは何かを扱う上で「もととなるもの」、「科目」というのも「学ぶ上での根底」にあるものと考えると何故この意味があるのか納得できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です