【多義語 】minute



 







【多義語 】minute | PHILOZOE ここでは、多品詞語minuteを大きく分けて、次の2つの品詞と意味で確認していきます。
 
 
名詞
「分」
 
形容詞
「微小な」


 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
 
 
 まずは名詞の意味から確認しておくと、「分」というのは語源が円を60分の1の単位に分けた単位をpars minute prime「最初の小さな部分」と天文学者のプトレマイオスが定義したものによるものです。


 余談ですがこの「分」を次の段階にさらに細く分けたものが、「秒」secondですね。


 「2番目」の区切りというところから、「秒」にはsecondという表現があてられています。


 話を元に戻すと、minuteというのは「細かく分けた」ものというのがイメージとしてあるわけです。


 そして、この「細かく分けた」というのは「小さい」というイメージを想起させます。
 

 確かに、minが付く単語のイメージは

minimum「最小限の」
minor「小さい方の」
diminish 〜「〜を小さくする」

と単語の列挙から見ても「小さい」となるようです。


 これを理解すると、minuteに形容詞で「微小な」や「些細な」という意味が出てくることも納得できるのではないでしょうか。


 ちなみに名詞の場合の発音は[mínɪt]、形容詞の場合の発音は[mɑɪnjúːt]となります。




スポンサーリンク
スポンサーリンク

「【多義語 】minute」に1件のコメントがあります

現在コメントは受け付けていません。