【接頭辞 】pre-



 





This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.



【接頭辞 】pre- | PHILOZOE 今回は接頭辞「pre-」に関しての説明です。


 この接尾辞を使った表現で馴染みが深いのは、prepaidでしょうか。


 prepaid cardは「前払い式のカード」ですね、paidは「払われた」でpre-は「前持って」の意味であることが分かります。
 
 
 predictは「前もって」dict「話す」で「起こる前に話す」となり「予言する」になります。
 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
 
 
 prescribeは「(規則等)を定める」や「(薬)を処方する」の意味ですが、規則は前もって定める必要がありますし、処方箋もやはり薬を出す前に書いておく必要がありますね。


 また、かなり造語要素の強い言葉で、例えば多くの場合大学受験の単語帳等にも記載されていないprecludeは「前もって」clude「閉じる」から「〜を起こらないようにする」や「〜を妨げる」の意味となります。


 加えて、pre-には「前に」の意味の意味があります。


 precedeはcedeに「行く」の意味があり「前に進む」から「先行する」の意味、preferはferに「運ぶ」の意味があり「選ぶ順位等を前にする」から「〜を好む」の意味となります。


 presidentはpre-「前に」sident「座る人」となり、組織の長を指す表現として、国の長であれば「大統領」、会社であれば「社長」の意味にも。


 ちなみに、pregnantは-gn-は「生む」で「生む前の状態の」から「妊娠している」の意味となります。
 
 
 
↓接頭辞pre-を用いた語↓
precept「教訓」
preview「下見、試写会」

precede「先行する」
preclude 〜「〜を閉じる」
predict「予言する」
preexist「先在する」
prefer 〜「〜を好む」
prescribe 〜「〜を定める、〜を処方する」
preserve 〜「〜を保つ」

precise「正確な」
pregnant「妊娠した」
prepaid「前払いの」




スポンサーリンク
スポンサーリンク