【多義語 】state


Sponsored Link
Sponsered Link

【多義語 】state 
 
 
ここでは、多品詞語stateを大きく分けて、次の2つの品詞と3つの意味で確認していきます。
 
 
名詞
①「状態」
②「国」
 
 
動詞
「〜を述べる」
 
 
名詞と動詞の意味を比べてみると、大きく異なることが分かります。
 
 
ただし、この名詞と動詞の意味どちらも同語源なんです。


それを理解するにあたって重要なのが、語幹-st-


語幹-st-に関してはこちらをクリック


語幹-st-は「動かない、止まっている」の意味があります。


これが物の有様を表すものとして、変化なく止まっているものを指して「状態」となります。


a good state of health
「良い健康状態」
 
 
また、


a welfare state
「福祉国家」


のように、「国家」の意味でも使われます。


ちなみに、「国」を表す表現はcountry, nation, stateが主にありますが、その違いは大雑把に
 
 
①country:地理を中心にして考えた「国」
②nation:国民を中心にして考えた「国」
③state:政治を中心にして考えた「国」
 
 
となります。


概念的に確立されたものという点で、2つには共通点があります。


そして、動詞「〜を主張する」ですがこれも「自分の意見から動かない、譲らない」から「〜を主張する」となっています。
 
 
state her own opinion
「彼女の意見を述べる」 
 
 
同じ系統の語幹が入ったものとしてはinsist 〜を上げることができます。


【in「〜の上に」+sist「立つ」】という形で「自分の意見の上にしっかりと立ち譲らない」となっています。


ちなみにstateは「〜を述べる」という動詞の場合、その名詞形はstatementとなります。
  
 
 

 

→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です