接続詞unlessとif…not-の違い


Sponsored Link
Sponsered Link

接続詞unlessとif…not-の違い 
 
 
ここでは、接続詞unlessの確認を行っていきます。

if … not – の形と書き換え可能であると説明される接続詞ですが、部分的に正しい説明ではありますが、完全に正しい説明とはなっていません。

例えば、if … not –を用いて表すことができても、unlessを用いて表現することができないものというのが存在します。

以下、センター試験の問題を少し改変したものですが、この問題を使って考えてみましょう。


I’ll be surprised (   ) an accident. She drives too fast.

①if Cathy doesn’t have
②unless Cathy has


【unless= if … not –】ではこの問題を解くことはできません。

unlessの意味を正確におさえておく必要があります。

そこで以下の例文を見てみて下さい。

Age is something that doesn’t matter, unless you are a cheese.

ルイス・ブニュエルという方の名言ですが、訳すと

「年齢は重要ではない、君がチーズではない限りはね。」

となります。

この場合、unlessは文法上if … not –と書き換えることができます。

ただ、面白みが消えてしまいます。

というのも、この文
「年齢がものを言うのはチーズくらいだ。そして君がそのチーズならまだしもチーズではないのだから、年齢を気にするな。」
ということを伝えているわけですね。

「~という条件を除いて」という唯一の例外として極端に制限をかける、強意表現として用いられるのがunlessの主な働きです。

それに対して、if … not –は「もし~でないならば」と否定条件を1つ述べるのみの働きをします。

では、これを考慮に入れて、もう一度問題を確認してみると、

I’ll be surprised (   ) an accident. She drives too fast.

①if Cathy doesn’t have
②unless Cathy has

ここで、unlessを用いてしまうと強意表現となり、なおかつ例外として極端に制限を加え
「私が驚くのは他のどんなこと全てを除いて、キャシーが事故を起こした場合のみだ。」
となります。

if … not –は否定条件を一つ述べるのみの表現なので、ここでは①が解答となります。
 
 
 

 

→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です