【多義語 】succeed


スポンサーリンク
スポンサーリンク




1497836/362visitors



【多義語 】succeed 今回は多義語「succeed」に関しての説明です。
 
 
 succeedはsuccess「成功」の名詞形で、「成功する」の意味で覚えている方は多いでしょう。
 
 
 ただ、successfulという形容詞は「成功している」ですが、successiveは「連続している」という意味の形容詞です。
 
 
 後者は「成功する」の意味からかなり離れてしまったように感じます。
 
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
  
 
 しかし、succeedはsuc(=sub-)「下/後へ」+ceed「行く」でできていて、「後に続く/継承する」の意味が先に出てきた意味となっています。

If at first you don’t succeed, you should do it again.
「もし最初成功しなくても、もう一度やってみるべきだ。」

After his father’s death, he succeeded to the throne.
「父の死後、彼が王位を継いだ。」

 動詞の場合は適宜、文脈に応じて訳し分ける必要があります。
 
 
 そして、「原因に対して後に続くもの」というところから「結果」、そしてその結果を「良い結果」として受け止め、successは「成功」の意味となっているわけです。
 
 
 ちなみにsuccessionは「後に続く」の意味での名詞の形で「連続」の意味となっています。
  
 
 また、succeedにこの2つの意味があることを知っていれば、successorは「成功者」ではなく、「後継者」であるというのも納得できるのではないでしょうか。



succeed
①「成功する」
②「後に続く」




スポンサーリンク
スポンサーリンク



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへ 食べログ グルメブログランキング

↑↑↑こちらからも↑↑↑



Daily Ranking

    ル・ヌー・パピヨン

    ル・ヌー・パピヨン

    接続詞asの用法 - 時、理由、比例、様態、譲歩

    接続詞asの用法 – 時、理由、比例、様態、譲歩

まだデータがありません。



→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



→SITEMAP←



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です