【接尾辞 】-ant


スポンサーリンク
スポンサーリンク

【接尾辞 】-ant 
 
 
 今回は接尾辞「-ant」に関しての説明です。


 observant、resistantこれらは、「観察力のある」「抵抗力のある」の意味。

 
 observe 〜は「〜を観察する」 の意味があり、resist 〜は「〜に抵抗する」の意味があるので、接尾辞-antは「〜の力がある、特性がある」の意味であろうということが推察できます。

The parents should keep an observant eye on their children.
「親は子供を注視するべきである。」


 またpleasantは「楽しい、快適な、愉快な」という意味で覚えている方が多いであろう形容詞ですが、この意味では人を主語に取りません。


 人を主語に取る時は「快活な」「愛想のよい」という意味。


 -ant自体は元になったラテン語では現在分詞を作る働きがあります。


 pleaseは「喜ばせる」に-antが付いているので、訳ととしては「相手を楽しませるような」の意味となるわけです。


 例えば

She was pleasant.

とすれば、この文の日本語訳は

「彼女は楽しんだ。」

ではなく

「彼女は愛想がよかった。」

などとなるわけです。


 また、この接尾辞-antを知っているだけで、

If you continue to take a defiant attitude, it will be difficult to convince your parents.
「あなたが反抗的な態度をとり続けるなら、両親を説得するのは難しいだろう。」

defiantのような難単語も、【defy(反抗する)+ant】からdefiant「挑戦的な」と類推できるのではないでしょうか。


 また、-antには「〜する人、〜する物」の意味もあります。

The present inhabitant of this house manages a flower shop.
「この家の現在の居住者は花屋を営んでいる。」


↓接尾辞-antを用いた語↓
①特性を備えた
observant「観察力のある」
resistant「抵抗力のある」
defiant「挑戦的な」
pleasant「愉快な」
expectant「期待している」

②〜する人、〜する物
emigrant「移民」
inhabitant「居住者」
assistant「助手」
consultant「相談相手」
informant「情報提供者」
 
 
 

Daily Ranking

    肉師じじい - ミートマスタージジイ

    肉師じじい – ミートマスタージジイ

    不定詞形容詞的用法と分詞の違い

    不定詞形容詞的用法と分詞の違い

    『遺失物管理所』ジークフリート・レンツ(新潮社)

    『遺失物管理所』ジークフリート・レンツ(新潮社)




スポンサーリンク
スポンサーリンク


→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です