【語幹  】-rupt-


スポンサーリンク
スポンサーリンク

【語幹  】-rupt- 今回は語幹「-rupt-」に関しての説明です。
 
 
 -rupt-が用いられた表現でよく知られているものは、interruptでしょうか。
 

スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-9171608277714345"
data-ad-slot="1702716429">

スポンサーリンク


 接頭辞inter-には「〜の間」「相互」の意味があります。

接頭辞inter-に関してはこちらをクリック

 interruptは「〜を中断する」の意味ですから、inter-を除いたruptには「壊れる、壊す」の意味があることが類推できます。
 
 
 他にbankruptは「破産した」の意味です。
 
 
 この単語にも「壊れる、壊す」のイメージがついています。

Even the experts do not know when the next eruption will occur.
「専門家でさえ、次の噴火がいつ起こるのか分からない。」

eruptionはe-「外へ」という接頭辞がついて、「境界を壊して出てくる」イメージから「噴火」や「感情の爆発」の意味となります。
 
 
 
↓語幹-rupt-を用いた語↓
rupture「破裂、決裂」

erupt「噴火する」
interrupt 〜「〜を中断する」
 
abrupt「突然の」
bankrupt「倒産した」
corrupt「堕落した」

Daily Ranking

  1. 餅匠しづく

    餅匠しづく

  1. 限定用法と叙述用法で意味に注意したい形容詞

    限定用法と叙述用法で意味に注意したい形容詞

  1. 『いちばんここに似合う人』ミランダ・ジュライ(新潮社)

    『いちばんここに似合う人』ミランダ・ジュライ(新潮社)




スポンサーリンク
スポンサーリンク


→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です