応と否


スポンサーリンク
スポンサーリンク

応と否 
 
 
 選択するものとは、自らの意志で選び取るか、その他の選択に応じず除いたその結果に残るものではないか。

 ただ、応じず除くのであっても、残った選択を選び取らなければ、それは自分を映すものとはなり得ないこともあるのだろう。

 選択に応じず除くことにより、選択的ではない状況とは作り出されやすくなってしまうのかもしれない。
 
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク




→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です