wishと節内の時制【一から広がる英文法】



 





This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.



wishと節内の時制【一から広がる英文法】 | PHILOZOE次の英文の( )にあてはまる選択肢を選びなさい。

I wish I ( ) your advice at that time.

①took
②had taken



「その時あなたの助言を聞いていればと思う。」
解答:② had taken

この問題、that節内の時制を考える際に何を基準として解いたでしょうか。

「at that time:その時」という表現に着目し、過去の事柄を話題としている事から節内で「仮定法過去完了」を用いると考え方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに、その解き方でも答えは一致します。

また多くの問題は同様の考え方でも答えは一致します。

ただし

次の英文に誤っている部分がある場合、指摘しなさい。

I often wished I had been taller when I was a child.



「子供の頃、もっと背が高ければなとよく思ったものです。」

と、この問題の場合はどうでしょうか。

「wished」が過去なのですから、上記の考え方をすれば節内は「仮定法過去完了」を用いるという事でこの文、正しいように見えるかもしれません。

しかし、この英文、実はhad beenで仮定法過去完了を使うのではなく、wereで仮定法過去を使う必要があります。

では、考え方のどこが間違っていたのかという事ですが、そもそも節内の時制の判断の仕方が誤っています。

wishが目的語に取る節内の時制の判断は、現在の内容であれば「仮定法過去」、過去の内容であれば「仮定法過去完了」を用いるというものではありません。

節内の時制の判断の仕方はwishと同時制であれば「仮定法過去」、wishよりも過去の時制を表している場合は「仮定法過去完了」を用います。

よって、確かに上記の文は「子供の頃」と過去の内容を表しているのですが、「wished」からみて同時制の事を表しているので節内の時制は仮定法過去で「were」となるわけです。


 




スポンサーリンク
スポンサーリンク