【語幹  】-nat-


スポンサーリンク
スポンサーリンク

【語幹  】-nat-今回は語幹「nat」に関しての説明です。


natureやnation、nativeなじみのある表現でも数多く使われていますね。


natureと言えば「自然」や「性質」といった「元からあるもの」を指す表現です。


スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-9171608277714345"
data-ad-slot="1702716429">

スポンサーリンク



nationは「生まれた場所」がその人の「国家」であり、そこは共通したものを持った人つまりは「国民」「民族」の集まりとなっています。


nativeは「その土地に生まれて」や「生まれつきの」という意味のある形容詞ですね。


列挙してみると分かりますが、natには「生まれる」という意味があります。


他には、

A cognate means a word derived from the same as another word.
「同根語とは他の語と同じ由来を同じくする語を意味している。」

というように、cognateはco-「ともに」、nat「生まれる」という結びつきから「生まれが同じ」という形容詞の意味もあります。


今回は「同根語」という名詞で用いらています。


ちなみに、同根語とは「共通の起源を持つ単語」のことです。


以下に、この語幹が使われた表現を列挙しているので確認してみて下さい。



↓語幹-nat-を用いた語↓
nature「自然」
nation「国」

native「生まれつきの」
cognate「同根の」

スポンサーリンク
スポンサーリンク




→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です