【語幹  】-nat-



 





This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.



【語幹  】-nat- | PHILOZOE 
 
 
 今回は語幹「-nat-」に関しての説明です。


 natureやnation、nativeなじみのある表現でも数多く使われていますね。


 natureと言えば「自然」や「性質」といった「元からあるもの」を指す表現です。


スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-9171608277714345"
data-ad-slot="1702716429">

スポンサーリンク



 nationは「生まれた場所」がその人の「国家」であり、そこは共通したものを持った人つまりは「国民」「民族」の集まりとなっています。


 nativeは「その土地に生まれて」や「生まれつきの」という意味のある形容詞ですね。


 列挙してみると分かりますが、-nat-には「生まれる」という意味があります。


 他には、

A cognate means a word derived from the same as another word.
「同根語とは他の語と同じ由来を同じくする語を意味している。」

というように、cognateはco-「ともに」、nat「生まれる」という結びつきから「生まれが同じ」という形容詞の意味もあります。


 今回は「同根語」という「共通の起源を持つ単語」という名詞で用いられています。


 以下に、この語幹が使われた表現を列挙しているので確認してみて下さい。



↓語幹-nat-を用いた語↓
nature「自然」
nation「国」

native「生まれつきの」
cognate「同根の」
 
 
 




スポンサーリンク
スポンサーリンク