『ディア・ライフ』アリス・マンロー(新潮社)



 





This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.



『ディア・ライフ』アリス・マンロー(新潮社) 
 
 

 
 
作品名:ディア・ライフ
作者:アリス・マンロー
訳者:小竹 由美子
出版社:新潮社
内容(「BOOK」データベースより)
 キスしようかと迷ったけれどしなかった、と言い、家まで送ってくれたジャーナリストに心を奪われ、幼子を連れてトロントをめざす女性詩人。片田舎の病院に新米教師として赴任した女の、ベテラン医師との婚約の顛末。父親が雇った既婚の建築家と深い仲になった娘と、その後の長い歳月。第二次大戦から帰還した若い兵士が、列車から飛び降りた土地で始めた新しい暮らし。そして作家自身が“フィナーレ”と銘打ち、実人生を語る作品と位置づける「目」「夜」「声」「ディア・ライフ」の四篇。引退を表明したアリス・マンローが、人生の瞬間を眩いほど鮮やかに描きだした、まさに名人の手になる最新にして最後の短篇集。


順接のようで逆接であり、逆接のようで順接でもあるそういった記憶との対話を行うことで記憶に意味が与えられていく。

そして、その対話を通した記憶をこそ人は人生と呼ぶのかもしれない。
 
 
 




スポンサーリンク
スポンサーリンク