【類義語 】ignore, neglect, disregard


スポンサーリンク
スポンサーリンク

【類義語 】ignore, neglect, disregard


ここでは類義語ignore, neglect, disregardの使える場面を確認します。

ignoreは上記表現の中で最も広汎なものですが、「意図的に」という意味合いが強いものです。

She warned me, but I ignored the warning.
「彼女は私に忠告したが、私はその忠告を無視した」

neglectは「当然払うべきものに対して適切に注意を払わない」もしくは「主語が忘れてしない」という意味合いで「〜を無視する」「〜を怠る」の意味となります。

「ネグレクト」は「育児放棄」、「育児怠慢」、もしくは「高齢者虐待」の意味で日本語でも使われますが、「当然払うべきものに対して適切に注意を払わない」という点を強調するためにこの言葉があてられているのでしょう。

She denied neglecting her baby.
「彼女は自分の赤ちゃんを放置していたことを否定した。」

disregardは「認知するのは認知をするが考慮せずに無視する」や「取るに足りないものとして軽視する」の意味です。

例えば、「先ほどのメールは無視して下さい。」と表現したい場合であれば、

Please disregard my previous -email.

と表現し、ignoreやneglect1は使いません。

また、disを除いたregardには「〜だと見なす」「〜を注視する」の意味があるので、後者の対義としても覚えておきたい表現です。

My boss completely disregarded my recommendation.
「上司は私の勧告を完全に無視した。」


 

スポンサーリンク
スポンサーリンク




→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です