【類義語 】ashamed, embarrassed, shameful


スポンサーリンク
スポンサーリンク

【類義語 】ashamed, embarrassed, shameful


ここでは類義語、ashamed, embarrassed, shamefulの使える場面を確認します。

ashamedは「道徳的に恥じている」という場面で用いることができる表現です。

話し手が社会通念に反して悪いことをしてしまったと考えているなら、この表現が適当です。

I feel ashamed of having bullied him in primary school.
「私は彼を小学生の時に彼をいじめたことを後悔している。」

embarrassedは「どこにもやり場がなくて恥ずかしい」という場面で用いることができる表現です。

emは「中に」barは「棒」や「柵」、周囲を囲まれ「どこにも行き場がない」イメージ。

I always feel embarrasssed when I make a speech in public.
「人前でスピーチする時、私はいつも恥ずかしくなる。」

また、shamefulも同様に「恥ずかしい」の意味ですが、こちらは物事を説明して「恥ずべき」となります。

They made me do something shameful that I don”t want to do.
「彼らは私に私が望まぬ恥ずべきことをさせた。」

ちなみに、文法的に使える場面が限定されるという点ではashamedは、alive, alike, awake等と同様、叙述用法でしか使えません。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です