【語幹  】 -spec-, -spect-, -spic-



 





This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.



【語幹  】 -spec-, -spect-, -spic- | PHILOZOE 
 
 
 今回は語幹「-spec-,-spect-,-spic-」に関しての説明です。


 これが含まれた単語で一番よく見かけるようなものはrespectでしょう。

 

スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-9171608277714345"
data-ad-slot="1702716429">

スポンサーリンク



 re-「再び-」+spectから「何度も見る程重要」といった意味合いが生まれ、「〜を尊敬する」の意味となっています。

respestの派生語の確認はこちらをクリック

 
 また、spectacle「見世物、壮観」や、その派生語で形容詞のspectacular「眼を見張るような」という表現にも直接この意味は含まれています。


 specimen「見本」という言葉にも同様にspecが含まれています。


 加えて、「見える部分」が「特徴」となり特徴を持ったものをまとめて「種」と考え、speciesという単語はできています。


 これと関連するものにはespecial「特別な」があります。


 e-は「外へ」の意味があり、「同じ種ではない」からこの意味が出てきています。


 そうするとspecificの意味が「明らかな」と「特定の」の意味があるのも納得できるのではないでしょうか。
 
This situation is not specific to elderly people.
「この状況はお年寄りに特にあてはまるというわけではありません。」

 ここでは「明らか」の訳はふさわしくありません。


 ある程度文脈により使い分けが必要となるでしょう。


 また、この語幹はspicとなっている場合もあります。


 cospicuousは、con-は強調を表す「完全に」の意味、これにspicが付いて「はっきりとよく見える」の意味となります。


 以下に、この語幹が使われた表現を列挙しているので確認してみて下さい。



↓語幹-spec-,-spect-,-spic-を用いた語↓
spectacle「見世物」
spectacular「眼を見張るような」
specimen「見本」
species「種」

respect 〜「〜を尊敬する」

especial「特別な」
specific①「明らかな」②「特定の」
conspicuous「はっきりとよく見える」
 
 
 




スポンサーリンク
スポンサーリンク

「【語幹  】 -spec-, -spect-, -spic-」に1件のコメントがあります

現在コメントは受け付けていません。