エリック・クラプトン Think that you are the best …


スポンサーリンク
スポンサーリンク

エリック・クラプトン Think that you are the best …エリック・クラプトン

Think that you are the best when you are up on the stage. When you are off the stage, think that you are at your worst.
Eric Clapton

【拙訳】
君が舞台に立っている時、君が一番だと思ってそう自分に言い聞かせよう。そして舞台から下りたら、これ以上にない位下手だったと思えば良い。
エリック・クラプトン



 調べてみてもどんな状況で言われたのか誰に言われた言葉であるかは出てこなかったんで、エリック・クラプトンさんの『Change The World』



を聴きながらこの言葉に思いを巡らせてみました。


 結果この優しい声色や音色から上のような訳になりました(笑)


 きっと上から口調で人生訓のように言われたのではなく

「俺はこうなんだよ」

みたいな感じで言われたんじゃないでしょうか。


 この言葉、エリック・クラプトンさんが言ったとなれば音楽の舞台がもちろん頭に思い浮かぶんですが、音楽をやっている人だけにあてはまる言葉ではないなと自分は感じています。


 観られる立場であれば観られる事で、もしくは周りとの比較で気持ちが小さくなってしまい自分に対する自信を失ってしまう事だってあると思います。


 そんな中でこの言葉を思い出せば

「自分の舞台で今できる自分の全力を出し切ろう」

と思えるんじゃないでしょうか。


 そうなるのも文の後半

「When you are off the stage, think that you are at your worst.」

があるからかと思います。


 自分という枠の中にいれば尚更「今の自分に並ぶものはない」という気持ちから傲慢な気持ちは生まれてくるのではないでしょうか。


 ただそこに変化は生まれません。


 この文続きを検索してみても出てこないんですが、

「次にどうすればもっと良くなるのかを考えて、そしたらまたその次の「舞台」に活かしていこう」

なんていう言葉が聞こえてきそうだなとこれもまた勝手に思っています(笑)


 未だ人前に出る時に緊張しているなと思ったら自分に言い聞かせる言葉です。


 自分が思う「舞台」に上る前に思い出せば、力を与えてもらえるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です