副詞節中でのS Vの省略


スポンサーリンク
スポンサーリンク

副詞節中でのS Vの省略 
 
 
This cereal is delicious when ( ) yogurt.
①eaten with
②eating with

whenは文頭にはなく、またto不定詞が続いていないことからも、この場合節を導く働きをしていることが分かります。

※疑問詞はto不定詞が続く場合は名詞句を導きます。

では当然考えなければいけないのが、S Vをどうするのかということです。

しかし、選択肢①②にはどちらにもSVが含まれていません。

ということは、省略の可能性を考えなければなりません。

では省略された箇所を補った場合、

when ( we are ) eating with

とすれば、解答は②となりそうです。

ただ、この問題の解答は①となります。

では②を選ぶ手順では何が間違っていたのかというと、SVの補い方が間違っています。

そもそも文法上、省略というのは受け手に省略されたものの判断が委ねられてはいけません。

上記の文も、省略されているものをthis cerealとするならば、

when ( it is ) eaten with

となります。

これでは解答は複数できてしまいます。

これを避けるために、副詞節中において省略を起こす場合、主語は主節の主語と一致し、なおかつ省略できる動詞はbe動詞となっています。

一般動詞をなんでも省略できるとしてしまうと、これもまた文意の解釈が受け手に委ねられてしまいます。

よって、解答は

when ( it is ) eaten with

と解釈し、②となります。

ちなみに、この省略は主語のみ、もしくはbe動詞のみ省略ということは基本的にはできません。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です