試験に出た英語会話表現・熟語 – 03


スポンサーリンク
スポンサーリンク

試験に出た英語会話表現・熟語 – 03試験に出た英語会話表現・熟語 – 03

He opposed the bill, on the grounds that it discriminated against elderly people.

Though he was extremely busy in private affairs, he wrote six books in as many years.

To be in your element, you have to do something you are not good at.

Cellular phone use behind the wheel is as illegal here as drinking and driving is.

The more you practice, the more likely you will be to do yourself justice in the game.



⚫︎on the grounds that
groundには「地面」という意味があるが、原義は「底」でそこから物事の「底」で「基礎」「根拠」の意味が出てきている。on the grounds that 〜で「〜を根拠として」の意味となる。
「移民を差別するものだったので、彼はその法案に反対した。」

⚫︎as many 〜、as much 〜
as many 可算名詞、as much 不可算名詞は前出の数量と同じであることを表す。
asは副詞であるがこの場合指示副詞であり、接続詞asがない場合は上記のように前出の数量に注意する。
「彼は私事で多忙を極めていたが、6年で6冊本を書いた。」

⚫︎be one’s element
be one’s elementで「本領を発揮している」の意味。
「自分の本領を発揮したいのであるならば、不得意なこともしなければならない。」

⚫︎behind the wheel
behind the wheelで「運転中」の意味。車のハンドルはhandleと言われることはなく、steering wheelと言われるため、「ハンドルの後ろで」という直訳から「運転中」という日本語訳となります。
「ここでは運転中の携帯電話の使用は飲酒運転と同じく違法である。」

⚫︎do oneself justice
justiceと同じ語源を持つのがjustであり、justには「これ以上でもこれ以下でもない」というイメージ。そしてjusticeにも「その人、物のそれ以上でもそれ以下でもないもの」から「真価」という意味が出てきていると考えられる。
またdo oneself justiceで用いられているdoは第5文型で授与動詞。
「練習すればするほど、真価を発揮しやすくなるだろう。」





 

スポンサーリンク
スポンサーリンク




→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です