試験に出た英語会話表現・熟語 – 02


スポンサーリンク
スポンサーリンク

試験に出た英語会話表現・熟語 – 02試験に出た英語会話表現・熟語 – 02

“Can you make room for me?” – “By all means.”

When I felt under the weather, I would often take a nap.

If what he did bothers her, she is asking for it.

Who knows, he might grow up to be a great writer some day.

I tell you what. Let’s call it a day and go drinking.




⚫︎by all means
「by all means」は相手の問いかけに許可や承諾の意思を表す際に用いる表現。「means」は「手段」の意味となっており、「どんな手段を用いても。」から「ぜひとも。/良いですよ。」となる。「by no means」とすると、反対の意味となり許可しない、承諾しない場合に用いる表現となる。
「席をつめて頂けませんか。」「分かりました。」

⚫︎under the weather
「under the weather」はその昔船乗りが気分が悪くなった時に甲板下に入ったことから、「(甲板をはさんで)天気の下」が「体調が悪いこと」を表す意味となった。
「気分が悪い時は、よく昼寝をしたものだった。」

⚫︎S be asking for it
「S be asking for it(trouble)」は「ask for ~」は「~を求める」の意味で、「it」は文脈的に考えるものですが良い事を表す場合はなく悪い事を表し、「悪い事をSが求めている」の意味で「自業自得である」「身から出た錆である」と訳されることが多い表現。
「もし彼がしたことで彼女が悩んでいるのなら、自業自得である。」

⚫︎who knows
「who knows」は「Who knows?」の形で使われていると直訳の「誰が知っているの?」という表現から反語的に「よく分からないよ。」という意味にもなるが、上記のように副詞として用いられると、「ことによると」の意味となる。
「ことによると、彼は偉大な作家になるかもしれない。」

⚫︎I tell you what.
「I tell you what.」は「I tell you what (I think / suggest).」という表現を短縮したもの。




スポンサーリンク
スポンサーリンク




→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です