【語幹  】-dur-


スポンサーリンク
スポンサーリンク

【語幹  】-dur- 
 
 
 今回は語幹「-dur-」に関しての説明です。


 -dur-がつく単語と言えば、例えばdurableがあります。


スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-9171608277714345"
data-ad-slot="1702716429">

スポンサーリンク



 「長持ちする」という意味ですが、つまりは「長期間持ちこたえうる」つまり「状態が変わらない」わけですね。


 また、durationという単語は-dur-と名詞化する働きがある接尾辞-ationとが合わさっています。

Taking this medicine may shorten the duration of cold.
「この薬を飲めば、風邪を早く治せるかもしれない。」

のように、durationは「持続期間」の意味でやはり「状態の変わらない期間」です。


 また「〜の期間」という意味のduringを見てみれば同じく-dur-が入っています。


 during 〜は「特定の」期間を指す表現で「固定の」イメージがあります。


 共通点を見出せば-dur-の意味は「固い」という意味合いがあります。


 これをおさえておけば、例えばendure「我慢する」という単語を他の類義表現と区別することもできるのではないでしょうか。


 endureは接頭辞en-「中で」と-dur-「固い」できており、「中でじっと固くなって耐え忍ぶ」という意味合いで「長期にわたる事柄に対してよく使われる」というのがポイント。

「我慢する」の類義語に関してはこちらをクリック


 以下に、この語幹が使われた表現を列挙しているので確認してみてください。



↓語幹-dur-を用いた語↓
duration「期間」

endure 〜「〜を我慢する」
indurate「〜を硬くする」

durable「長持ちする」
obdurate「頑固な」

during 〜「〜の間」
 
 
 

Daily Ranking

    しゃぶしゃぶ やすだ

    しゃぶしゃぶ やすだ

    接続詞asの用法 - 時、理由、比例、様態、譲歩

    接続詞asの用法 – 時、理由、比例、様態、譲歩

    『海と毒薬』遠藤 周作(新潮社)

    『海と毒薬』遠藤 周作(新潮社)




スポンサーリンク
スポンサーリンク


→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





“【語幹  】-dur-” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です