【語幹  】-dur-


スポンサーリンク
スポンサーリンク

【語幹  】-dur-今回は語幹「dur」に関しての説明です。


durが付く単語と言えば、例えばdurableがあります。


スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-9171608277714345"
data-ad-slot="1702716429">

スポンサーリンク



「長持ちする」という意味ですが、つまりは「長期間持ちこたえうる」わけですね。


共通点を見出せばdurの意味は「長続きする」という意味があるわけですね。


そう思って「〜の期間」という意味のduringを見てみれば同じくdurが入っています。


そして、durationという単語はdurと名詞化する働きがある接尾辞-ationとが合わさっています。


Taking this medicine may shorten the duration of cold.
「この薬を飲めば、風邪を早く治せるかもしれない。」

のように、durationは「期間」の意味で使われます。


以上から、「〜を我慢する」という意味ではbear 〜,endure 〜,stand 〜,tolerate 〜がよく使われますが、endureを他の単語と使い分けるならば、endureには「長期間、苦痛や苦難に耐える」という特徴があることをおさえておくと良いでしょう。


以下に、この語幹が使われた表現を列挙しているので確認してみて下さい。



↓語幹-dur-を用いた語↓
duration「期間」

endure 〜「〜を我慢する」
indurate「〜を硬くする」

durable「長持ちする」
obdurate「頑固な」

during 〜「〜の間」

スポンサーリンク
スポンサーリンク




→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です