【接頭辞 】inter- / enter-



 





This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.



【接頭辞 】inter- / enter- | PHILOZOE
 
  
 今回は接頭辞「inter-」に関しての説明です。


 interactionという単語、そのままこれで一語で覚えているという方もそこそこいるかもしれません。


 しかしながら、actionという単語が見えると、接頭辞ineter-の存在も見えてきます。


スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-9171608277714345"
data-ad-slot="1702716429">

スポンサーリンク



 長い単語になればなるほど、1つの語幹に複数の接頭辞、接尾辞がついたものとなることがほとんどです。


 接頭辞、接尾辞を記号として認識できるだけでも、語幹が見えれば大まかな意味は類推することができるので、極力多くの接頭辞や接尾辞に触れておくことがお勧めです。


 では、話をinteractionに戻すと、これは「相互作用」の意味ですね。


 なので接頭辞ineter-には「〜の間」「相互」の意味があります。
 

 ですから、例えば【inter + dependent「依存している」】ならば、

When people are interdependent, they come to rely on each other for survival.
「人は相互依存している時、生存のために互いを頼り合う。」

のように、interdependentは「相互依存の」という意味になることが類推できます。
 
 

↓接頭辞inter-/enter-を用いた語↓
interbreeding「異種交配」
intersection「交差点」

interchange「〜を入れ替える」
interflow「合流する」

intercultural「異文化間の」
interreligious「宗教間の」
interpesonal「個人間の」
interfacial「2面間の」
 
 
 




スポンサーリンク
スポンサーリンク

「【接頭辞 】inter- / enter-」に1件のコメントがあります

現在コメントは受け付けていません。