【接頭辞 】inter- / enter-


スポンサーリンク
スポンサーリンク

【接頭辞 】inter- / enter-
 
  
 今回は接頭辞「inter-」に関しての説明です。


 interactionという単語、そのままこれで一語で覚えているという方もそこそこいるかもしれません。


 しかしながら、actionという単語が見えると、接頭辞ineter-の存在も見えてきます。


スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-9171608277714345"
data-ad-slot="1702716429">

スポンサーリンク



 長い単語になればなるほど、1つの語幹に複数の接頭辞、接尾辞がついたものとなることがほとんどです。


 接頭辞、接尾辞を記号として認識できるだけでも、語幹が見えれば大まかな意味は類推することができるので、極力多くの接頭辞や接尾辞に触れておくことがお勧めです。


 では、話をinteractionに戻すと、これは「相互作用」の意味ですね。


 なので接頭辞ineter-には「〜の間」「相互」の意味があります。
 

 ですから、例えば【inter + dependent「依存している」】ならば、

When people are interdependent, they come to rely on each other for survival.
「人は相互依存している時、生存のために互いを頼り合う。」

のように、interdependentは「相互依存の」という意味になることが類推できます。
 
 

↓接頭辞inter-/enter-を用いた語↓
interbreeding「異種交配」
intersection「交差点」

interchange「〜を入れ替える」
interflow「合流する」

intercultural「異文化間の」
interreligious「宗教間の」
interpesonal「個人間の」
interfacial「2面間の」
 
 
 

Daily Ranking

    しゃぶしゃぶ やすだ

    しゃぶしゃぶ やすだ

    接続詞asの用法 - 時、理由、比例、様態、譲歩

    接続詞asの用法 – 時、理由、比例、様態、譲歩

    『海と毒薬』遠藤 周作(新潮社)

    『海と毒薬』遠藤 周作(新潮社)




スポンサーリンク
スポンサーリンク


→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です