046-One Exercise a Day



 





This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.



046-One Exercise a Day | PHILOZOEOne Exercise a Day – 46

( ) was believed to be a betrayer among them.
①It
②There
③What


スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-9171608277714345"
data-ad-slot="1702716429">


スポンサーリンク



「彼らの中に裏切り者がいると思われていた。」
解答:②There



解説
be thought、be said、be believedはSによって後続する形が異なるので注意。

・Sが具体的な内容を表さないitの場合
It is thought / said / believed that S’ V’.

・Sが具体的な内容を表さないit以外の場合
S is thought / said / believed to V.

の形を取る。

また上記した表現は助動詞相当の表現なので、これを除いて考えると

( ) be a betrayer among them.

となり、be動詞の働きに注目すれば第1文型か第2文型の文であることが分かる。

ここに正当である③Thereを入れると、

There was a betrayer among them.

でthere構文の形が完成する。


☆この問題でのポイント
・be thought、be said、be believedの用法理解。


↓他の選択肢が不正解な理由↓
①It
上記したようにここにitを入れると具体的な意味を持ったit(代名詞等)以外のit、つまりは具体的な意味を持たないitとなってしまうので、【was believed that S’ V’】を後続させる必要がある。

③What
本問では、疑問詞でもなくto不定詞も導いていなことから、whatは名詞節を導くことになるがこの名詞節(=S)に対する動詞がない文になってしまうので、whatは正当にはなりえない。




スポンサーリンク
スポンサーリンク