区別が問われる名詞 – 客、料金、予約



 





This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.



区別が問われる名詞 – 客、料金、予約 | PHILOZOE 
 
 
入試では区別がよく問われやすい名詞があります。

表題にもありますが、「客」や「料金」、「予約・約束」はおさえておく必要があるので、下の設問に答えられるかを確認し、それぞれの表現の違いを頭に入れましょう。

⚫︎客
The store is always packed with ( ) every weekend.
①guests
②clients
③customers


⚫︎料金
The train ( ) was more expensive than we thougt.
①charge
②cost
③fare
④fee


⚫︎予約
I’d like to make ( ) for this express train.
①a subscription
②a promise
③a reservation
④an appointment


↓解答と表現の違い↓
⚫︎客 – ③
guest「(招かれてもてなしを受ける)客」
client「(医師、銀行、弁護士など技術的サービスを受ける)客、依頼人」
customer「顧客、買い物客」
passenger「乗客」
visitor「(仕事や社交を目的とした)訪問客」
audience「(コンサートや講演会等の)聴衆」
spectator「(スポーツ等の)観客」

⚫︎料金 – ③
fare「運賃」
fee「(弁護士等専門職の人への)報酬」
charge「(サービスなどへの)料金」
cost「費用」
↓以下お金関係の表現
check「小切手」
fine「罰金」
interest「利子」

⚫︎予約 – ③
reservation「(列車、飛行機、ホテル等、場所を取るための)予約」≒booking
appointment「(個人と会う)約束」
↓以下よく同じ問題の選択肢で見かける表現↓
subscription「予約購読」
promise「(何かをするという約束)」





スポンサーリンク
スポンサーリンク

「区別が問われる名詞 – 客、料金、予約」に2件のコメントがあります

現在コメントは受け付けていません。