039-One Exercise a Day


スポンサーリンク
スポンサーリンク




1845350/605visitors



039-One Exercise a DayOne Exercise a Day – 39

Alan is no longer the difficult person ( ) he used to be.

①what
②that
③whom


スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-9171608277714345"
data-ad-slot="1702716429">


スポンサーリンク



「アランはかつてのような気難しい人ではありません。」
解答:②that



解説
( )にはbe動詞の補語が欠落している文、つまり不完全文が後続しているので、関係代名詞を使う必要がある。

また、この文では

he used to be the difficult person

のthe difficult personが関係代名詞となっている。

このように、関係代名詞が節中で補語となる場合は関係代名詞はthatを用いる。


☆この問題でのポイント
・関係代名詞にthatを使う必要がある場合。


↓他の選択肢が不正解な理由↓
①be
( )前はSVCの文型が完成しており、これに関係代名詞whatが導く名詞節を続けることはできない。

②who
上記理由。

④whom
上記理由。




スポンサーリンク
スポンサーリンク



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

食べログ グルメブログランキング

↑↑↑こちらからも↑↑↑



Daily Ranking

    江洲あぶらや

    江洲あぶらや

    接続詞asの用法 - 時、理由、比例、様態、譲歩

    接続詞asの用法 – 時、理由、比例、様態、譲歩

    『星々の悲しみ』宮本 輝(文藝春秋)

    『星々の悲しみ』宮本 輝(文藝春秋)



→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



→SITEMAP←