善と偽善


スポンサーリンク
スポンサーリンク

善と偽善

 人が自分の決めた方向を善とする、それが心の中にあったとしても外発したとしても。

 その善が他人のそれと対峙する時、それは正義でありそして悪にもなり得るかもしれない。

 また自分で善を持つだけならば、それが人に干渉することはない。

 ただ善を善としてとらえる場合に考えるべきは、善が外発しそれが相手のそれと対する時だろう。

 何故ならその善が相手の善となり得るかを知り得はしないから。

自らが善だと思う事を為そうとするなら、その時は常にその善が偽善であるかもしれないという思いを抱えるべきであるかもしれない。

 そうして考え抜くことでしか善は善となり得ないのではないだろうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です