センター英語に代わる試験はTEAP!?



 





This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.



センター英語に代わる試験はTEAP!? | PHILOZOE 2019年のセンター試験を最後にセンター試験は廃止され、翌年2020年からセンター試験に代わるテストが実施されます。

 代わりのテストとしては2年生から複数回にわたって受けることができる「達成度テスト(仮称)」が導入される予定です。

 このテストは基礎レベル・発展レベルの2種類に分けられる予定で、基礎レベルは標準的な高校生であれば解ける水準、発展レベルは大学側が求める学力水準に合わせて作成されます。

 一発勝負という印象が強いセンター試験がこのように改革されます。

 ただこのセンター試験改革はまだ不透明な部分も多く、特に英語の試験はどのように変革されるのかというのが不透明です。

 TOEICが入試に導入されるや、はたまた英検が入試に導入されるという情報もネット上に散見されます(英検は一部大学では入試に加点されるような形では導入されていますが、全大学でというわけではありません)。

 しかしながら、今一番注目を集めているのは上智大学と公益財団法人日本英語検定協会により共同で開発されたTEAP(Test of English for Academic Purposes)です。

 この試験は今までセンター試験で判定されたいた「読む」「聞く」の2技能に加えて、「書く」「話す」の技能も問われるようになります。

 一部私立や国公立の大学では「書く」の技能は判定されていましたが、「話す」の技能が判定される大学はほとんどありません。

 上智大学はこの試験を入学試験の代わりとする等、本格的に運用もされています。

 レベルは英検準2級〜準1級の範囲が想定されて作成されたもの。

 現在中学生1,2年生の世代が大学受験をする際にはセンター試験が廃止されています。

 もしTEAPが導入されれば、今までになかった「話す」の技能が求められるわけですから、今から対策を講じていくのも有効な一手かもしれません。


 




スポンサーリンク
スポンサーリンク