「考える」と「悩む」


スポンサーリンク
スポンサーリンク




1564191/716visitors



「考える」と「悩む」 
 
 
 答えが用意されているものを除外するなら、「考える」という言葉を聞けば「答えが出るもの」について、「悩む」という言葉を聞けば「答えが出ないもの」について思いを巡らしているという印象を受ける。

 ただここでの「答えが出るもの」そして「答えが出ないもの」という時の「答え」とはどのようなものか。

 それはつまり「自分の心が決めるもの」だと思われる。

 だから「自分が決める」という意志を持てば、「悩む」というのは起こらぬことではないのだろうか。

 そうすれば全てのその過程が「考える」こととなるから。

 しかし「考える」ことに偏れば、人は他人に対する過ちを犯すこともあるかもしれない。

 感じず、考えただけの他人の気持ちとは結局、自分自身の考えに他ならないから。

 「答えが出ないものもある」と他人の心を感じながら、考えること。

 思考という言葉の一端はそこにあるのではないだろうか。


 




スポンサーリンク
スポンサーリンク



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

食べログ グルメブログランキング

↑↑↑こちらからも↑↑↑



Daily Ranking

    又三郎 ステーキスタンド

    又三郎 ステーキスタンド

    接続詞asの用法 - 時、理由、比例、様態、譲歩

    接続詞asの用法 – 時、理由、比例、様態、譲歩

まだデータがありません。



→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



→SITEMAP←



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください