後悔



 







後悔 | PHILOZOE

 
全ての選択肢は言動で表わしえない。

だからこそ後悔はいつでも残り得る。

ただ、後悔とは選びとることができなかった選択肢から生じるものだろう。

残ったのではなく自分の意志で残す選択肢、選ぶことができるが選ばない選択肢。

それらからは後悔とは異なる意味が与えられうるものが生じるのではないだろうか。

多くの選択肢を用意できるように、そしてそれらを選ぶことができるように、後悔を残さぬようにするのであれば、自分の可能性を広げ続ける必要があるのかもしれない。


 




スポンサーリンク
スポンサーリンク