哲を求める


スポンサーリンク
スポンサーリンク

哲を求める


 絶対的なものがないと思われる中で、多くの考えや空気に触れ、確信を持てると思えるものを見出し続けていく。

 自らの哲学を持ち続けること、それが今を自らで生きることに繋がっていくのだろう。


 

スポンサーリンク
スポンサーリンク




→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です