『学問』山田 詠美(新潮社)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

『学問』山田 詠美(新潮社) 
 
 

 


作品名:学問
作者:山田 詠美
出版社:新潮社
内容(「BOOK」データベースより)
 東京から引っ越してきた仁美、リーダー格で人気者の心太、食いしん坊な無量、眠るのが生き甲斐の千穂。4人は友情とも恋愛ともつかない、特別な絆で結ばれていた。一歩一歩、大人の世界に近づく彼らの毎日を彩る生と性の輝き。そして訪れる、それぞれの人生の終わり。高度成長期の海辺の街を舞台に4人が過ごしたかけがえのない時間を、この上なく官能的な言葉で紡ぐ、渾身の長編。


自分とは何かという問いは死や愛により自分とそうではないものとの間に境界が引かれた時に、それまで一つであると感じていたものを強く求める時に生まれるものなのかもしれない。

 
【日々を交えて】
山田 詠美さんは『ぼくは勉強ができない』を含め数々の作品を読ませて頂きましたが、性の描写がしっかりと描かれているにも関わらず、そこに生々しさは入り込まず性を客観視させてくれる筆致はただただ感嘆するばかりです。

この作品は、性を描く作品と言えば青年期を過ぎてからに焦点が当てられやすいのに対し、幼少期から青年期への過渡期を描いています。

そして、その過渡期が実のところ、自分の性の観念と繋がっているだけではなく、その他の観念とも実は深く結びついているのだということを再度、認識させてくれる作品でした。

 
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク




→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です