『遠い声 遠い部屋』トルーマン・カポーティ(新潮社)


Sponsored Link
Sponsered Link

『遠い声 遠い部屋』トルーマン・カポーティ(新潮社) 
 
 




作品名:遠い声 遠い部屋
作者:トルーマン・カポーティ
出版社:新潮社
内容(作品「あらすじ」より)
 父親を探してアメリカ南部の小さな町を訪れたジョエルを主人公に、近づきつつある大人の世界を予感じて怯えるひとりの少年の、屈折した心理と移ろいやすい感情を捉えた半自伝的な処女長編。戦後アメリカ文学界に彗星のごとく登場したカポーティにより、新鮮な言語感覚と幻想に満ちた文体で構成されたこの小説は、発表当時から大きな波紋を呼び起こした記念碑的作品である。



 幸せも不幸もやってくるものだと感じるのは自らの幸せを考えようとしていないからかもしれない。

 幸せは考える事で自らが信じられるものとなるのであり、だからこそ生きる上で必要なものとなり得るのだろう。



【日々を交えて】
トルーマン・カポーティ氏と言えば、有名なのは『ティファニーで朝食を』でしょうか、それとも『冷血』でしょうか。

いずれにせよ有名な作品を数多く世に送り出している著者ですが、この『遠い声 遠い部屋』は発表作の中では初期にあたるものです。

50年以上も前に書かれた作品ですが、現代にも通じる顔のないものに顔を持たせることによって招かれる様々な結果に思いを巡らせることができる作品でした。



 

 

→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です