『僕はマゼランと旅した』スチュアート・ダイベック(白水社)



 







『僕はマゼランと旅した』スチュアート・ダイベック(白水社) | PHILOZOE



作品名:僕はマゼランと旅した
作者:スチュアート・ダイベック
出版社:白水社
内容(「BOOK」データベースより)
 胸をうつ懐旧の情と祝祭的な笑いに彩られた11の連作短篇。『シカゴ育ち』のタイベック、待望の最新作。



 過去に何を見出すのかは今の自分に依る所が大きいのかもしれない。


 ただ自らの意思で得た今は先において、必ずや何かを見出せる過去となるに違いない。
 
 
スポンサーリンク

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9171608277714345"
data-ad-slot="5526742478">


スポンサーリンク


 




スポンサーリンク
スポンサーリンク