『星々の悲しみ』宮本 輝(文藝春秋)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

『星々の悲しみ』宮本 輝(文藝春秋)
ブログにサイドバーが表示されていない場合はページ下部に設置されている「Mobile Theme」で切り替えを行ってみて下さい(^^)

このブログのサイトマップへはこちらから

他の読んだ本へはこちらから 



 



 
作品名:星々の悲しみ
作者:宮本 輝
出版社:文藝春秋
内容(「BOOK」データベースより)
 喫茶店に掛けてあった絵を盗み出す予備校生たち、アルバイトで西瓜を売る高校生、蝶の標本をコレクションする散髪屋―。若さ故の熱気と闇に突き動かされながら、生きることの理由を求め続ける青年たち。永遠に変らぬ青春の美しさ、悲しさ、残酷さを、みごとな物語と透徹したまなざしで描く傑作短篇集。



 死とは生きる事と対する事ではなく、また生きるとは死へと引きずり込まれていくという感覚からの脱却をも意味するのかもしれない。

 そのような感覚があれば死は生きる上での不確実性への挑戦ともなるのではないだろうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です