『風の歌を聴け』村上 春樹(講談社)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

『風の歌を聴け』村上 春樹(講談社)
ブログにサイドバーが表示されていない場合はページ下部に設置されている「Mobile Theme」で切り替えを行ってみて下さい(^^)

このブログのサイトマップへはこちらから

他の読んだ本へはこちらから 



 




作品名:風の歌を聴け
作者:』村上 春樹
出版社:講談社
期間:2013年2月26日(火)〜2013年3月12日(火)
内容(「BOOK」データベースより)
 一九七〇年の夏、海辺の街に帰省した“僕”は、友人の“鼠”とビールを飲み、介抱した女の子と親しくなって、退屈な時を送る。二人それぞれの愛の屈託をさりげなく受けとめてやるうちに、“僕”の夏はものうく、ほろ苦く過ぎさっていく。青春の一片を乾いた軽快なタッチで捉えた出色のデビュー作。群像新人賞受賞。



 絶対的なものとは確実の中にあろうがあるまいがなんら変わらぬものなのではないだろうか。

 それは感じ方や考え方で移ろいゆき、そして確かなものにもなるものを意味しているのかもしれない。


 

スポンサーリンク
スポンサーリンク




→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です