『グッド・バイ』太宰 治(角川書店)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

『グッド・バイ』太宰 治(角川書店)
ブログにサイドバーが表示されていない場合はページ下部に設置されている「Mobile Theme」で切り替えを行ってみて下さい(^^)

このブログのサイトマップへはこちらから

他の読んだ本へはこちらから 




 


作品名:グッド・バイ
作者:太宰 治
出版社:角川書店
内容(裏表紙より)
 結核療養所で過ごす二十歳の青年の手紙に自己を仮託し、明るい青春小説に仕上げた「パンドラの匣」。不思議な響きのなかにあらゆるものを虚ろにしてしまう”音”を用いて、敗戦後の虚無的な精神状態を描き出した「トカトントン」。新聞連載の予定で書き始められ、死の前日までに十三回分で中絶した未完の絶筆「グッド・バイ」ほか、「ヴィヨンの妻」「眉山」を収録。太宰が最後に光芒を放った最晩年の傑作集。


 
 死を迎えるまでに如何に自分の信じた道を生きるのか、信じ切る事である意味人生はそれとして完成する。

 死がある事で生きる事は全き事を成し遂げる可能性を得ることができるのではないだろうか。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です