『グレート・ギャツビー』スコット・フィッツジェラルド(中央公論新社)



 







『グレート・ギャツビー』スコット・フィッツジェラルド(中央公論新社) 
 
 


 
作品名:グレート・ギャツビー
作者:スコット・フィッツジェラルド
訳者:村上 春樹
出版社:中央公論新社
内容(「BOOK」データベースより)
 ニューヨーク郊外の豪壮な邸宅で夜毎開かれる絢爛たるパーティ。シャンパンの泡がきらめき、楽団の演奏に合わせて、着飾った紳士淑女が歌い踊る。主催者のギャツビーは経歴も謎の大富豪で、その心底には失った恋人への焦がれるような思いがあった…。第一次大戦後の繁栄と喧騒の20年代を、時代の寵児として駆け抜けたフィッツジェラルドが、美しくも破滅的な青春を流麗な文体で描いた代表作。


 自分の内側から感じる視線によって、人は自らが描く理想を確立させようとするのだろう。


 ただその視線が何を意味するのかを考えた先にでなければ、理想は自らのものとはなりえないのかもしれない。


スポンサーリンク

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9171608277714345"
data-ad-slot="5526742478">


スポンサーリンク

 
  




スポンサーリンク
スポンサーリンク

「『グレート・ギャツビー』スコット・フィッツジェラルド(中央公論新社)」に1件のコメントがあります

  1. I like reading an article that will make people think.
    Also, many thanks for permitting me to comment!post_319

現在コメントは受け付けていません。