試験に出た英語会話表現・熟語 – 01


スポンサーリンク
スポンサーリンク

試験に出た英語会話表現・熟語 – 01試験に出た英語会話表現・熟語 – 01

There are still a lot of things we can do before throwing in the towel.

It’s already so late. I’d better be going now.

What you are saying is hard to grasp. Can you explain it in a shell nut?

If I had known it was his treat, I would have eaten more.

When you eat out with your girl friend, do you sprit the bill?


⚫︎throw in the towel
ボクシング等で「(敗北を認めるために)タオルを投げ入れる」という意味で用いられており、そこから「諦める」等の意味が出てきている。
「諦める前に私達ができることはまだたくさんある。」

⚫︎had better be going
「’d better」は「had better」の短縮形で「~したほうが良い」の意味。be goingの部分はgoでも可能だが、前者の場合は「今ではないがそろそろ」という意味となりやすい。
「もうこんな時間だ。おいとまします。」

⚫︎in a nut shell
「in a nut shell」は木の実の中にギュッと押し込むというイメージから、「物事をまとめて→簡潔に」という意味になります。
「あなたが言っていることは理解しにくい。簡潔に説明してくれませんか。」

⚫︎It’s one’s treat.
【It’s one’s treat.】はtreatに「もてなし、ご馳走」といった意味があり、ここから「おごりである。」といった意味になる。また「It’s on -.」でも同様の表現になる。
「もし彼のおごりだということを知っていたなら、もっと食べただろうに。」

⚫︎sprit the bill
「bill」には「請求書」の意味があり、これを「sprit ~:~を割る」ので「勘定を割る、割り勘にする」の意味となる。
「彼女と外食する時、あなたは割り勘にしますか。」




 

スポンサーリンク
スポンサーリンク




→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です