『箱男』安部 公房(新潮社)



 





This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.



『箱男』安部 公房(新潮社) | PHILOZOE 
 
 



作品名:箱男
作者:安部 公房
出版社:新潮社
内容(「新潮社」ホームページより)
 ダンボール箱を頭からすっぽりとかぶり、都市を彷徨する箱男は、覗き窓から何を見つめるのだろう。一切の帰属を捨て去り、存在証明を放棄することで彼が求め、そして得たものは? 贋箱男との錯綜した関係、看護婦との絶望的な愛。輝かしいイメージの連鎖と目まぐるしく転換する場面(シーン)。読者を幻惑する幾つものトリックを仕掛けながら記述されてゆく、実験的精神溢れる書下ろし長編。



見られることを意識することが、見せたくないものを覚えることの始まりとなる。

故に、ただ見ることが相手を傷つけることにもなり、そして相手を慰めることにもなるのではないだろうか。


 




スポンサーリンク
スポンサーリンク