『浴室』ジャン=フィリップ・トゥーサン(集英社)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

『浴室』ジャン=フィリップ・トゥーサン(集英社)
ブログにサイドバーが表示されていない場合はページ下部に設置されている「Mobile Theme」で切り替えを行ってみて下さい(^^)

このブログのサイトマップへはこちらから

他の読んだ本へはこちらから 



 




作品名:浴室
作者:ジャン=フィリップ・トゥーサン
出版社:集英社
内容(「BOOK」データベースより)
「午後を浴室で過ごすようになった時、そこに居を据えることになろうとは…」同居人の恋人は心を萎ませ、お母さんはケーキを持って、様子をうかがいに来る。「危険を冒さなきゃ、この抽象的な暮らしの平穏を危険に晒して」とひとり呟やきつつ、浴室を出てはみるのだけれど、いずれ周囲の人々とはギクシャクぎくしゃくしてしまう。そして、また浴室へ…。



 生きているだけで時は移ろいでゆくけれど、生きるという決断をする事で思考が自らを自由にし、そこにあると感じていたものがなくなり、またなかったものを感じられるようになるのではないだろうか。


 

スポンサーリンク
スポンサーリンク




→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です