『浴室』ジャン=フィリップ・トゥーサン(集英社)



 





This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.



『浴室』ジャン=フィリップ・トゥーサン(集英社) 
 
 



作品名:浴室
作者:ジャン=フィリップ・トゥーサン
出版社:集英社
内容(「BOOK」データベースより)
「午後を浴室で過ごすようになった時、そこに居を据えることになろうとは…」同居人の恋人は心を萎ませ、お母さんはケーキを持って、様子をうかがいに来る。「危険を冒さなきゃ、この抽象的な暮らしの平穏を危険に晒して」とひとり呟やきつつ、浴室を出てはみるのだけれど、いずれ周囲の人々とはギクシャクぎくしゃくしてしまう。そして、また浴室へ…。



 生きているだけで時は移ろいでゆくけれど、生きるという決断をすることで思考が自らを自由にし、そこにあると感じていたものがなくなり、またなかったものを感じられるようになるのではないだろうか。


スポンサーリンク

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9171608277714345"
data-ad-slot="5526742478">


スポンサーリンク

 
 




スポンサーリンク
スポンサーリンク