『海と毒薬』遠藤 周作(新潮社)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

『海と毒薬』遠藤 周作(新潮社)
ブログにサイドバーが表示されていない場合はページ下部に設置されている「Mobile Theme」で切り替えを行ってみて下さい(^^)

このブログのサイトマップへはこちらから

他の読んだ本へはこちらから 



 




作品名:海と毒薬
作者:遠藤 周作
出版社:新潮社
内容(「BOOK」データベースより)
 戦争末期の恐るべき出来事――九州の大学付属病院における米軍捕虜の生体解剖事件を小説化、著者の念頭から絶えて離れることのない問い「日本人とはいかなる人間か」を追究する。解剖に参加した者は単なる異常者だったのか? どんな倫理的真空がこのような残虐行為に駆りたてたのか? 神なき日本人の“罪の意識”の不在の無気味さを描き、今なお背筋を凍らせる問題作。



 自分の行く道や辿ってきた道が何か得体の知れない所へと向かわされている過程だと感じるのであるならば、何かを信じる事がその感覚から抜け出させてくれる唯一のものなのかもしれない。


 

スポンサーリンク
スポンサーリンク




→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です